EMF521型電位計シリーズ(4機種)

EMF521

EMF521型電位計シリーズ(EMF520型・EMF521型・EMF522型・EMF523型)は当社が開発した国産の高精度電位計で最大6.5桁の測定範囲と7.5桁相当の高分解能を実現しました。

ドイツPTW社製をはじめとする各種電離箱を接続することによりX線・γ線・電子線・陽子線・重粒子線の線量率と積算線量を高精度に測定することができます。

  • PDFによるカタログダウンロード
    日本語カタログ(Japanese)
  • PDFによるカタログダウンロード
    EMF521 Dosimeter catalog(English)
  • 本製品に関するお問合せ(お見積・納期・詳細説明)

特長

  • 単レンジ独立式だからできた6.5桁の高精度。
    分解能を1桁向上させた7.5桁モードも選択可能。
  • 電荷の測定にコンデンサを使用しない電流積算方式を採用。
    温度係数が極めて小さくパルス放射線も正確に測定できます。
  • トリップ線量を設定でき、2種類のリレーで外部機器を制御できます。
  • 用途に応じて1桁ずつ測定範囲の異なる以下の4機種からお選びください。
    ・EMF520型:±0.0001~±1999.999pA  低線量率の精度を高めた高感度モデル
    ・EMF521型:±0.001~±19999.99pA 放射線治療から診断用まで対応する代表的モデル
    ・EMF522型:±0.01~±199999.9pA    陽子線や重粒子線用の高線量率対応モデル
    ・EMF523型:±0.0001~±1999.999nA  リニアック出力モニタ用チェンバ対応モデル

概要

  • EMF521型電位計シリーズは人のガン治療で使われるリニアックのモニタ線量計の校正や出力安定性確認、診断用X線装置による被ばく線量の測定などに用いられています。 その他にも工業用非破壊検査装置で使われるX線の線量測定や原子力発電における原子炉内の高線量率測定、環境放射線の測定など広範囲の放射線測定に用いられ、既に国内で70台以上(姉妹機種を含む累計出荷台数)使われています。
  • EMF521型電位計シリーズは下記に例として示される各種電離箱を放射線検出器として用います。 これらの電離箱からは照射されたX線・γ線・電子線・陽子線・重粒子線などの各種放射線の線量率に比例した電流が出力されますので、その電流[pA]を正確に測定すると同時に電荷[nC]も測定します。さらに電流と電荷を線量率[mGy/min]と積算線量[mGy]に換算して測定することもできます。
  •  ●イオンチェンバの例    ※使用可能なイオンチェンバと積算線量測定範囲 →こちら
    31013型チェンバ 30013型チェンバ DC300型チェンバ 34069型チェンバ 23361型チェンバ
    31013型0.3cm3指頭形 30013型0.6cm3ファーマー DC300型3cm3指頭形 34069型6cm3平行平板形 23361型30cm3円筒形
  • これまでの電位計は2~3レンジ切換式が殆どでしたが、EMF521型シリーズはレンジ切換の無い単レンジ独立式です。 電流測定上限が±2nA、±20nA、±200nA、±2μAの4機種用意され、いずれも上限の1/200万または1/2000万の分解能で測定できる高性能な製品です。 単レンジ独立式は2~3レンジ切換式では達成できなかった優れた温度係数(ゼロドリフトと電位計校正定数)や安定性を実現するため採用された究極の方式で、理想的な電位計だと言えます。 このため極めて高い精度が要求される線量校正機関で既に8台以上使われています。
  • EMF521型電位計シリーズは2017年に日本医学物理学会(JSMP)が発表した電位計ガイドラインやIEC60731規格への適合を目指しただけでなく、恒温槽を用いた温度係数検査データ(15℃~35℃における4℃ピッチのゼロドリフトと上限の1/2の電流の変動)や 直線性検査データを全製品に添付するなど、厳格な品質管理を実施しています。
  • デジタル表示器は7桁または6桁で、上・中・下の3段設けられています。
     上段(7桁):電流 pA および 線量率 mGy/min
     中段(7桁):電荷 nC および 積算線量 mGy
     下段(6桁):積算時間 sec および トリップ線量 mGy
    を表示し測定値は0.5秒間隔で更新されます。(EMF523型以外の表示例)
  • EMF521・EMF520型用表示ソフト
    本器に付属の日本語PC用ソフト(「標準計測法12」準拠)を用いるとPCから本器を操作し測定データを0.5秒間隔で表示・記録できます。
    PC画面では線量単位としてR、C/kg、Gy、Sy、Gy・cmを表示・記録できます。
  • 本器とPCとの接続方法は①USB変換器付RS232Cケーブルを用いた有線接続、②イーサネット変換器付RS232Cケーブルを用いた有線接続、③Bluetooth-RS232C変換器を用いた無線接続、の3つからお選びいただけます。
    ※①は本器の付属品、②と③はオプション

測定範囲

測定範囲
<詳しい仕様はカタログをご覧ください。→こちら
お問い合わせ TEL:0721-64-0111 FAX:0721-64-0112