EMF511型ドーズコントロールシステム

EMF511

EMF511型ドーズコントロールシステムはX線またはγ線照射装置が被照射物へ照射する放射線量を一定の値(トリップ線量)に制御するための装置で、放射線センサーには理想的な性能を持つ0.3cm3指頭形イオンチェンバを採用しています。

  • PDFによるカタログダウンロード
  • 本製品に関するお問合せ(お見積・納期・詳細説明)

特長

  • 20KeV~1.33MeVの広いエネルギー範囲とフラットな特性を持つイオンチェンバを採用。
  • 0.001~120.000Gy/min および 0 .0001~120.0000Gy/min の範囲を表示できる線量率表示器を装備。
  • 0.001~999.999Gy および 0.0001~999.9999Gy の範囲を表示できる積算線量表示器を装備。
  • 0.001~999.999Gyのトリップ線量をプリセットできます。
  • 気温、気圧、補正係数、遅延等の設定機能を備え、正確な線量で制御可能。
  • RS232Cインターフェースを装備しているため、外部からトリップ線量をプリセットしたり、照射中の線量率や積算線量を外部へ出力したりできます。

製品構成

  • EMF511型ドーズコントローラ
    EMF511本体


    一定のトリップ線量でリレーを働かせX線やγ線の照射装置を停止させる装置です。





  • TN31013型0.3cm3指頭形イオンチェンバ

    TN31013型チェンバ


    X線またはγ線の線量率に比例した電流を出力します。
    ケーブルの長さは1mです。





  • チェンバ用延長ケーブル

    3m延長ケーブル


    ケーブルの長さは3mです。
    オプションで6m・10m・15m・20mから選択可能。





  • 電源ケーブル

    アース端子付でケーブルの長さは3mです。オプションで2m、1mを選択可能。

  • アルミケース

    ドーズコントローラ本体と電源ケーブルの他、チェンバ、チェンバ用延長ケーブルなどを収納できます。

    ケース1   ケース2   ケース3
  • <オプション>
    • 点検調整および当社X線照射施設による照射テスト
    • JQA(日本品質保証機構)によるJCSS校正(X線)
    • 医用原子力技術研究振興財団によるJCSS校正(Co60)
    • ポニー工業株式会社によるJCSS校正(Cs137)
    • リレーケーブル
    • RS232Cケーブル
    • USB変換器付RS232Cケーブル
    • イーサネット変換器付RS232Cケーブル
<詳しい仕様はカタログをご覧ください。→こちら
お問い合わせ TEL:0721-64-0111 FAX:0721-64-0112